プロフィール

ご挨拶

販促デザイン研究所は企業の「成果」を重視します。

企業がWebサイトで「成果」を出すために重要なポイントは、「ターゲットとなるユーザーにWebサイトに訪問していただき、会社や商品、サービスの魅力を確実に伝える」こと。
前者が「集客力」で、後者が「コンテンツ力」。
ソリューションはいたってシンプルですが、うまくいっていないケースを数多く見てきました。

「そもそも、ターゲットとなるユーザーを誤認している」
「集客に多額のコストをかけているが「成果」につながっていない」
「本当に閲覧して欲しい情報に接することなく離脱している」等

販促デザイン研究所では、この様なWeb制作側とユーザー側のミスマッチを防ぐために、Webアクセス解析データからターゲットユーザーの行動や心理を読み解きます。
ターゲットユーザーが「誰」で、「どこ」にいて、どんな「ニーズ」があって、どんな「ステータス」なのか。

経験や勘や好みではなく、データにもとづく改善提案により「成果」にこだわります。

代表者プロフィール

小垣 朗

  • 小垣朗
メディアリレーション・イベント等の広報代理活動を経て、不動産業界・飲食業界・旅行業界・出版業界等の様々な業界のWebアクセス解析の世界に入る。
Webアクセス解析データを軸にしたリアルとウェブをクロスしたプロモーションの提案を行ってきました。
同時に、マーケティングリサーチやユーザーテストを徹底的に実施することによるユーザー行動・心理の洞察力を磨き、「成果」につながるWebサイト改善やマーケティング施策を提案します。
2010年より5年間、フリーランスとして活動した後、2015年4月 株式会社販促デザイン研究所 代表取締役就任。
米国Google認定 Google Analytics Individual Qualification
通算講演回数: 730回(2015年11月現在)
主な講師実績
<教育機関>
専修大学、アジャストアカデミー、WAS パソコンマルチメディアスクール、Winスクール、KENスクール、日経ビジネススクール など(順不同・敬称略)
<企業研修>
リクルートメディアコミュニケーションズ、中外、ゼンリン、森永乳業、KDDI、ブランジスタ、カケハシスカイソリューションズ、パソナテック、国分、愛知県印刷工業組合、MEDIAGE、Intelligence、日本・精神技術研究所,イーパス、エスケイワード など(順不同・敬称略)

CONTACT

コンサルティング・プロモーション・企業研修に関しましては、
以下よりお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせ